Dr.Gsクリアネイル

アメリカNO.1爪水虫治療薬

爪水虫に悩んでいる人はいませんか?

 

 

爪が変色する。爪と皮膚の間にボロボロとしたものができて、爪を押し上げて、最終的には爪がはがれてくる。

 

 

爪の色が茶色や黒に変色して、爪が剥がれる。

 

 

そんな症状に悩んでいる人はいませんか?

 

 

爪水虫の治療方法は、現在のところ、飲み薬や塗り薬を使用します。

 

 

飲み薬は肝臓に負担をかけるし、塗り薬は効かないしと、水虫の治療に時間がかかるというケースも多く、平均でも3か月から6カ月の期間をかけて、水虫の治療を行うことになります。

 

 

Dr.Gs クリアネイルは、アメリカのネイルサロンで広く使われているという、爪水虫のお薬です。

 

 

水虫の菌は、白菌という真菌の一種です。トルナフタートという有効成分が、この菌に直接働きかけます。

 

 

浸透力が強いので、爪に塗ると、その下の皮膚まで浸透して効果をあげます。乳白色で無臭なので、安心して使えます。マニキュアをつけていても、その上から浸透しますから、安心です。

 

 

女性でも安心マニキュアの上から塗れて無色・無臭です。

Dr.Gsクリアネイル(clear nail・くりあねいる)おすすめの爪水虫用塗り薬

グリーンネイルになったことはありませんか?

 

 

スカルプチャーのつけ爪をつけっぱなしにしていると、爪と付け爪の間に緑膿菌が発生して、爪水虫になります。緑色系の変色がみられるので、グリーンネイルと呼ばれています。

 

 

こうした怖い水虫菌をしっかり退治するには、アメリカで特許をとっている、Dr.Gs クリアネイルがお薦めです。

 

 

1日2回塗っておくと、2,3週間後から症状が軟化します。

 

 

完治するまでには、指の爪なら2,3か月、足の爪で4,6カ月かかると言われています。爪のはえ変わりのサイクルにもよるし、個人差もありますが、薬を塗りながら、新しい爪に生えかわるのを待って、完治させていきます。

 

 

爪の水虫を持っている人は、ほとんどが皮膚の水虫を持っている人だそうです。これは同時に退治していかないと、いたちごっこで終わってしまいます。

 

 

サイトでは、水虫に関して薬やケアの仕方がとてもくわしいので、コンテンツを読んで、自分の水虫のモンダイをするどく分析しておきましょう。

 

 

Dr.Gs クリアネイルのような、アメリカ式の撃沈スタイルがお薦めです。

 

 

徹底的に退治して、サンダルの季節を楽しんじゃいましょう。お薦めです。